火炎レコード™️

『セルフリメイク』製作費

f:id:kaenrecords:20190319001654p:plain

当初想定していた額(3万円)を大きく上回る結果となった。

撮影は8日間かかり、当初予定していた日数(3日間)を大きく上回る結果となった。

 

ようやく編集作業も終わったので出品する映画祭をいろいろ調べているが、

・賞金なし

・交通費支給なし

上記2点を満たすコンペは存在理由が不明なので応募しない。

 

2年ぶりに撮ったが良いリハビリになった。明日から次作の脚本を書く。

好きなラジオ

2019年3月15日現在放送中のラジオで毎回欠かさず聴いているのは

ダイアンのよなよな…

f:id:kaenrecords:20190314131601p:image

Creepy Nutsオールナイトニッポン0

f:id:kaenrecords:20190314131730j:image

笑い飯・小藪の土020

f:id:kaenrecords:20190314132103j:image

火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ

f:id:kaenrecords:20190314131943j:image

さしよりからし蓮根

f:id:kaenrecords:20190314132055j:image

ナインティナイン岡村隆史オールナイトニッポン

f:id:kaenrecords:20190314132147j:image

金曜JUNK バナナマンバナナムーンGOLD

f:id:kaenrecords:20190314152332j:image

霜降り明星のだましうち!

f:id:kaenrecords:20190314152244j:image

 

気が向いた時にたまに聴くのは

三四郎オールナイトニッポン0

f:id:kaenrecords:20190314132228j:image

オードリーのオールナイトニッポン

f:id:kaenrecords:20190314132719j:image

山里亮太の不毛な議論

f:id:kaenrecords:20190314132552j:image

怪談ラヂオ〜怖い水曜日

f:id:kaenrecords:20190314151525j:image

 

去年単発でやってて超面白かったので

ミキのオールナイトニッポン0

f:id:kaenrecords:20190314132734j:image

はレギュラー放送し、

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

f:id:kaenrecords:20190314132738j:image

は復活してほしい。

 

来年度から『三四郎オールナイトニッポン0』が1部に昇格する(遂に0が取れる)ことにより、空いた0枠にて『霜降り明星オールナイトニッポン0』が始まる。これで霜降りのラジオが週2回聴けることになったので本当に本当に嬉しい。

関西圏ではTBSラジオが全然聴けないからradikoプレミアムに加入しようか検討しているほど、完全にテレビ派からラジオ派になった。

キャメラマンMIYAGAWAの奇跡

f:id:kaenrecords:20190314001528p:plain
去年の12月に再放送されたものを録画したまま、ずっとHDDの奥底に眠っていた宮川一夫のドキュメンタリー番組。今更ながら何の気なしに見てみたのだが、開始早々に我が母校、そして知ってるおじさんたちが出てきて心底驚いた。

f:id:kaenrecords:20190314001911p:plain

f:id:kaenrecords:20190314001850p:plain

f:id:kaenrecords:20190314001942p:plain

羅生門』とか全く好きじゃないが、もう一度観てみるのもいいかなと少しだけ思った。海外の映画人にもインタビューしてるが、音声が吹き替えされてる人とそうでない人が混在していて統一感がなく、まるで『ナルコス』の吹き替え版を観ているかのようだった(馬鹿が勘違いしないように一応書いておくが、「『ナルコス』の吹き替え版には統一感がない」ということではございません)。

f:id:kaenrecords:20190314002101p:plain

スコセッシは字幕対応。てか『ディパーテッド』って何だよ、そこは『グッドフェローズ』だろ。

f:id:kaenrecords:20190314003127p:plain

f:id:kaenrecords:20190314002705p:plain

在りし日の黒澤明市川崑も登場。インタビュー中にも関わらず平気で喫煙する二人の勇姿は尊敬に値する。如何にも巨匠(実際そうだけど)っぽくて良い。

黒澤明溝口健二など巨匠の作品からたくさんの映像が引用されていたが、個人的にはやはり小津安二郎作品の画が一番ヤバイと思った(初めて知ったが小津と宮川が組んだ作品は『浮草』しかないので全てそこからの引用)。特に小津のカラー作品は色の配置もヤバく、マジで超ヤバイ。とにかく小津の完璧すぎる構図の凄さを言葉で表現するには「ヤバイ」という一言に尽きる。あんなヤバイ画ばっかり撮ってるんだから世界中の映画人から尊敬されるのも当たり前だ。

f:id:kaenrecords:20190314004017p:plain

f:id:kaenrecords:20190314004052p:plain

特にヤバかったのは会話する男女のカットバック。

f:id:kaenrecords:20190314004215p:plain

f:id:kaenrecords:20190314004231p:plain

アタオカやん・・・。こんなのスクリーンで観たら気が狂うんじゃないだろうか。もう超マジ最高に素晴らしい。

旧作を観るとなるとどうしても洋画ばかりチョイスしがちだが、邦画の名作もたくさん観ていこうと思った次第であり、とにかく『浮草』は最優先で鑑賞しようと心に決めたのであった。

ちいさな独裁者

@シネ・リーブル梅田

■2019年新作鑑賞11本目

f:id:kaenrecords:20190306151640j:image

ドイツ人がドイツ人をぶち殺しまくる話。本作の元になった事件については全く知らなかったので、もっとちゃんと勉強しようと思う。

カットごとに画面の色味が変わる歪な画づくりも素晴らしいが、何よりもエンドクレジットに度肝を抜かれた。この監督の覚悟は相当なものだ。

 

彼らは私たちで、私たちは彼らだ。過去は現在なのだ。
ロベルト・シュヴェンケ『ちいさな独裁者』脚本・監督)