火炎レコード™️

アトミック・ブロンド

f:id:kaenrecords:20171022015135j:plain


監督は『ジョン・ウィック』の片割れデヴィッド・リーチ

f:id:kaenrecords:20171027153921j:plain

 

デヴィッド・ボウイとかの既存楽曲がたくさん使われていて、かなり音楽に頼りすぎな気がした。期待しすぎたのかもしれないが、『ジョン・ウィック』も大して面白くなかったのでこんなもんかという印象。ただ、中盤の結構長めのワンカットのアクションシーンだけは面白かった。

 

アクションシーンよりもシャーリーズ・セロンソフィア・ブテラのレズシーンが素晴らしく、映画館で金払って観て本当に良かった。

f:id:kaenrecords:20171027154813j:plain