火炎レコード™️

火炎レコード™️

創作活動の記録と諸々の備忘録

2020年映画ベスト&ワースト

f:id:kaenrecords:20201231224139j:plain
2020年映画ベスト
①ブルータル・ジャスティ
②ヒュービーのハロウィーン
③バクラウ 地図から消された村
④透明人間
ランボー ラスト・ブラッド

とにかく今年は①を劇場で鑑賞できて本当に良かった。「好きなものを好きなように撮る」という映画監督としての真っ当な姿勢に感動しっぱなしだった。誰に何と言われようが、どんな目で見られようが、俺が面白いと思う映画を撮るべきなのだ。

2020年映画ワースト
①HITOMA
②TENET テネット

ワーストの吐瀉物2本については特に何もない。

コロナのせいで劇場へ出向く頻度が減り、去年に比べて今年の新作鑑賞本数は半分以下になった。
このパンデミックがいつ終息するのか見当もつかないが2021年もできるだけたくさんの物語に積極的に触れていこうと思う。特に海外ドラマについてはこれまで「長いから」という理由だけで疎遠していたが、よくよく考えると小説は何日間かに分けて読むものもあるのに連続ドラマは見ないというのはおかしな話ではないかと気づいたのだった。
コロナ禍で唯一良かったのはイベントのオンライン配信が増えたことだろう。特に「映画木っ端微塵」には何度も楽しませてもらった。
そして、2020年は一本も映画を作らなかった。脚本は初稿段階のものを一本とシノプシスにもならぬ作劇メモのようなものを数本書いただけ。脚本なしで映画を撮ることはできないということは学生時代に嫌というほど思い知った(それができる人間はマジで凄いと思う)のでとにかく書くしか無い。これがとてつもなく辛い作業ではあるのだが、とにかく何かを書いているか撮っているか編集している状態を習慣化させて量産体制に入るしか無いのだ。現在進行中の企画の中には友人の脚本家に執筆を依頼しているものもある。毎月定期的に脚本会議をして内容を煮詰め、非常に有意義な時間を過ごしている(本当は学生時代にこの体制で創作していくべきだったのだろうが…)。
労働とプライベートの切り替えはしっかりできる環境は整っているので、初期衝動を維持して作り続けていきたいと思う。