火炎レコード™️

火炎レコード™️

創作活動の記録と諸々の備忘録

サブスクこわい

f:id:kaenrecords:20210224041626j:plain
ここ最近鑑賞する映画の選別基準として「尺が短い作品」であることを第一に考えていた。ベストは80分台。100分を超えると長すぎ、20分とか30分の短編は短すぎる。

第二の基準は「日本語吹き替えがある作品」。この時点で作品は海外のものに限られる。

第三の基準は「創作の参考になりそうな作品」。こればっかりは観てみないとわからないが、自分が作る映画に少しでも似た要素のあるものを選んでいた。こうして毎回恋愛映画とSF映画は排除され、低予算のバイオレンス映画が最有力候補として残るのであった。

いちいち数百円のレンタル料金を払うのも検索に時間をかけるのも嫌なので、探す対象は個人的に最も検索しやすいと考えるU-NEXTの見放題作品だ。

つい先日、いつものように洋画・吹替・見放題で絞り込み、製作年度が古い順に一応並び替え、タイトルの前に真っ先に尺を確認しながらPC画面を睨んでいた。しかしその日は先に書いた基準を満たしつつ今すぐ観たいと思える作品がなかなか見つからず、30分以上もの激闘の末に白旗を掲げた。「もう夜も遅いし『スターシップ・トゥルーパーズ』の良いとこだけ摘んで観るか」などと考えたのも束の間、129分ある本編を字幕で完走していた。

・・・俺は一体何をしているのか?

ある意味、気が狂っていたのだと今では思う。

月額料金の元を取ろうとし、とにかく何か観なければ損なんだと強迫観念のように考えていた。金銭面のみで考えれば、確かにたくさん観れば観るだけ得なんだろう。だが、映画(に限らず全ての娯楽・芸術)は損得で価値が決まるものではない。当然のことだ。

  • 「尺が短い作品」=すぐ終わる。
  • 「日本語吹き替えがある作品」=字幕読むの疲れる。
  • 「創作の参考になりそうな作品」=その方がいいじゃん。

今思えば先述した3つの基準の裏にあるのは上記のような薄汚い思惑だ。何と愚かなことをしていたのか。身勝手な鑑賞基準を設定することで様々な可能性を自ら排除し、純粋に映画を楽しむ姿勢を見失っていた。

とにかく考えを改める。『スターシップ・トゥルーバーズ』は本当に素晴らしい。

スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]