火炎レコード™️

noteから帰還

どっかで「noteはクリエイター向け」と読んだか聞いたかしたので、数週間前からお試しで移行していろいろと書いてみた。しかし、記事に値段を付けれること以外にクリエイター向けの要素を発見できず。映画関係のクリエイターもあまり見つからずモチベーションが下がり、挙げ句の果てに記事を読んでいないのに「スキ」(Twitterの「いいね」みたいなアレ)を押してくる輩が何人もいることがアクセス解析で判明。「所詮は馴れ合いでしかないのか・・・」とウンザリして記事全部消して戻ってきた所存。
で、ついでに心機一転を図り、はてなブログの記事も全部消した。更新することだけを目的に無理やり書いた記事などを後から読み返すと結構な頻度で自己嫌悪に陥る繊細な心の持ち主=俺なので、これもいい機会だと思う。
もうすぐ短編映画のクランクインが控えていたり、画家兼映像作家兼お面屋の友人と定期的に作品発表の場を設ける計画が立ち上がっている状況であるので、これまで以上に創作過程の記録や宣伝の記事を書く頻度が増えるのではと考えている。そもそもそういった記事を書く為にこのブログを作ったのでどんどん書いて創作活動を継続し活発化していきたい。これまでと同様、そん時の気分で駄文・乱文の類を書くこともあるだろうが(正にこの記事がそれ)、まあ、一時の暇が潰せるならそれでいい。
一応なんかあった時用にnoteのアカウントも残しているので、上手いことブログと両立できるやり方を模索するのもいいかもしれない。